Last modified on 28 August 2007, at 21:35

Japanese/Reader/第三夜/Part 9

StoryEdit

「雨はさっきから降っている。路はだんだん暗くなる。ほとんど夢中である。ただ背中に小さい小僧がくっついていて、その小僧が自分の過去、現在、未来をことごとく照して、寸分の事実も洩らさない鏡のように光っている。しかもそれが自分の子である。そうして盲目である。自分はたまらなくなった。

「ここだ、ここだ。ちょうどその杉の根の処だ」

VocabEdit

Clipboard

To do:

Kanji Kana English Notes
あめ rain
降る ふる to fall
だんだん bit-by-bit, gradually
暗い くらい dark, gloomy
ほとんど almost
夢中 むちゅう daze-like, trance-like, dream-like
ただ but
小さい ちいさい small, tiny
小僧 こぞう boy
くっつく to keep close to
過去 かこ past
現在 げんざい now, present day
未来 みらい the future
ことごとく alltogether, entire
照らす てらす to shine on, illuminate
第三夜
Part 1 | Part 2 | Part 3 | Part 4 | Part 5 | Part 6 | Part 7 | Part 8 | Part 9 | Part 10 | Part 11